FC2ブログ

えりおるんるん♪♪

エリオルぶろぐ!2期にとつにゅー!
2018年11月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2019年01月
TOPスポンサー広告 ≫ 第55話 『独身貴族』TOP日常 ≫ 第55話 『独身貴族』

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

第55話 『独身貴族』

●『~~になりたい』と言ってたクラスメイトは今・・・【昔の夢と今の自分たち】

上記のスレをみて、どうだったっけ、と思い書くことに!

幼稚園:ハムスターorセーラームーン
小学校:天文科学者(卒業式に親の前で言って何故か大爆笑された)
中学校:馬鹿だから天文科学者無理だし、商業高校にいって高卒で就職
高校:2年の冬までは就職、そこからプログラマー
専門:プログラマー、でもWEBデザイナーにも興味ががが

てな感じだたなぁ

まぁ定番の漫画家や小説家とかは、あったけども

まとめるとこんな感じ

ほんと、プログラマー目指し始めたの急だったからなぁ

高2の1月の修学旅行、本当に、あそこが私のターニングポイントだったな

あそこであの人に出会ってなかったら、話してなかったら、私は公務員試験とか受けつつも、普通に事務で就職してたんだろうなぁ

本当に、ぎりぎりで、決めれてよかった



●おリアル

2月分書いてなかったので、まとめますとー

前の現場、って言い方がめんどくさくなったのでO市案件、って言いかえるけども

そっちに月の半分以上行ってました、納品前の追加強化試験したりー、故障治したりー、納品作業したりー

要員管理全然できてないっすね、て前ジャンボ先輩怒ってたけど、ほんとそうだなぁ、と思いましたまる

んで本来の現場、S市案件で環境構築したりしつつ、よーやく製造に手を付けられるようになりました

O市と同じFW使ってるんだけど、製造ツールなかったり、JSP使ってて、まぁWebシステムだったり、してますぬ

JSPはまぁ、なんとなーく、解るので、平気

問題がServiceソースの生成がなぁ、これまた特殊なのよなー…

まだ手つけてないけど、習熟に苦労しそう

7時退社ができるから、まだいいけどねぇ



●げーむ

MHFが垢ハックに合いました(ぁ

なんでや!Nortonさん入れてるからウイルスとかではないはずだけど…でもなんでや!

怖いから今まで使ってたメールアドレス使うのやめました、根本的理由かわからんけど…

でもMHFがHR100まで無料なのでぽつぽつやってました

垢ハックにあったのは3回目です(パンドラサーガ、TW、MHF)

よくハックにあったのにやるな、とききょーさんにメンタル褒められたよてへへっ★

あとききょーさんが会議から消失してたじゃちんぱんを見つけてきました

奴はガンオンをしてました

ガンオン豚と化していました、よく考えたら変わってませんでした

あと冴えない彼女の作り方、というアニメを推してきます

試しにサイト見てみたらヒロインの一人のえりりの誕生日が一緒で吹きました

それを言ったらじゃちんぱんが「エリオルさんがモデルやったんや!」とか頭の沸いたことを言ってきました、性格ツンデレっぽいから全然違うやんけ!

あとpmの黄金銃を取りに2,3日pmしました、一日で28戦したときは腰が痛くなりました

あと何故かその時にナギさんが通話に現れました、けどすぐに消えていきました、きっと蜃気楼だったんだろうなぁ(純粋



あーあとイカロスのクローズベータやった、カンストまであと1,2レベルの辺りで辞めました

招待コードはじゃっくさんにあげたけど、6レベぐらいで止まってました、きっと彼はMMOに向かない男なんだ

個人的にはおもしろかったけどなぁ、空飛べるし、ドラゴン乗れるし

オープンしたら少しやるかも、ね

あとききょーさんとやったんですけど、何故か彼は(Wizであんなに後悔してたのに)魔法使いでした、弓使いイメージがあったけども…

って書いてそういえばDQ9とかDQ3でも賢者とか魔法使いだったなぁ、ならいいや(適当



●結婚を

する必要なくね?と思うようになりました

昔、高校生のころとかは、漠然といつか誰かと…っていう感じだった

で、実際に付き合ってみたりして、別れたりして…

恋愛必要ないな、という結論に!(こら

干物女カナ?www

だってめんどくさいんだもん、めっちゃ恋い焦がれるような人って一人しかいなかったし

そういう人に限って絶対に結ばれなかったり(ゲイだった

あの時は茫然としたなぁ…

でもきっと、悟るにしても早すぎるんだろなぁ、つきあってきた人って3人だけだし

そのうち一つは今でも言えないくらいアレですし

処女守っちゃってますし(ぁ

だってこっちメリットないんだもーん、ヤッてもさぁ

デキても嫌だし、認知してください!って迫るのもやだし、

子育て、精神的にできる気がしないし

子供は好きだけど、育児も興味あるけど

なんていうか、子供って、自分のことを映す鏡じゃない?

だからそれを見たくない、自分が嫌いなのにもっと嫌いになりそうで嫌

親は子にアガペーをあげるべきだから、それができる気がしなくて

だから皆よくヤるなぁ、と、よく育児できるなぁ、と尊敬するわけです、嫌味とかではなく!

そんな精神、私には持ち合わせていないから

しかも結婚生活めんどくせ

お金のトラブルめんどくせ

2ch見てるとそういう意識が強まるわけで

めんどくせーからしなくていいや!貯金蓄えよう!

という結論に

まぁ、三十路になっても意見変わらなかったら、このままかなぁ、と

おんりーまいろーど、らん!



●酷い事した

女子ってめんどくせーって話

そしてほんとにごめんね、って話



Yちゃんとは、5、6年ごろからグループが違いました、違ってました?

というのも、私だけなのかわかんないんですけど

結構ね、ぼーっとね、過ごしてたのもあって

女子特有のグループに、入っていなかった、気がするのよ、それまで

だから大人びてる子以外と遊ぶときは遊んで、遊ばないときは遊ばずにいた

よくあるグループ分けで孤立、とかはなかったなぁ、ていうかそういうの、あんまりなかったし覚えてない

5年になったころに、ひょんなことからチコ、と呼んでいた女の子と仲良くなります

チコは4年生の時に転校してきた子で、1年生の時に転校してきた子と…Sちゃんと従姉妹なんだとか

初コンタクトは、4年の時の自然学校で、暇で適当に入った部屋の中にチコいて、遊んだよーな

で、大まかに6年の時のクラスで女子のグループ分けると…

・大人びてるグループ(4人)

・元気で男子にも絡む系グループ(3,4人?)

・元気だけど男子に絡まないグループ・子供っぽい(わりと多い)



の3つでした

チコは三つ目のグループでした

で、チコと仲良くなって、グループの子とも仲良くなって、グループ外の、大人びてるグループ以外のことも仲良くしてました

チコの誕生日関係でYちゃんと喧嘩しつつ(第27話で書いた話

そのままグループが持ち上がり、中1、中2となりました

帰る時もそのグループでした、部活が別でも、下校時間は同じだったし

で、時々チコと二人きりになった事もあって、基本いつもだと私だけ途中で別方向になるので、途中で別れてました

でも二人きりの時は家が見える坂の上まで送って、と甘えてくるのです

私はアンタの彼氏か!と思いつつも、1回それをするとその後も続くわけでして

チコはあのとき何を思ってそんな風に甘えてきたんだろか…

一度だけ、家の前まで送ったこともありました

今考えても、何でそんな甘えをしてきたのか、解りません

小学生のころから、変える方向が皆と違ったから、だから慣れていたのかもしれないけども…

そういやバレンタイのチョコ代わりに渡すように言われたこともあったな、あれはあれで大変だった

で、中2の冬、バンドが結成されて、Yが作詞作曲するようになり、よく話すようになりました

けど帰る時は別で、チコ達と帰っていました

部活後にYの家に寄ることも増えてきました

チコ達と帰っていると、無駄に別行動して寄ることになるので面倒でした

面倒、だな、と

素直にそう思ったのです

Yと再び、いっぱい話すようになって、正直、とても楽しかったのです

だからチコと二人で買えているときに、素直に言いました

「バンドが本格化するから、チコ達のグループを抜けるね」

要約すると、多分そう言いました

言わなきゃいけない、と思いました

「だからこれから一緒に帰れなくなる、修学旅行も一緒の班じゃなくなる」

私が、もし大切な友達にそう言われたら

今の私だったら笑って見送れるけど

中2の私だったら…

チコは黙り込みました

会話が途絶えました

無言のまま、帰り道を歩きました

いつもの分かれ道に来ました

チコは、いつものように言いました

「坂の上まで送って」

私は断りました

「もう、行けないよ」

チコは、俯いたまま動きませんでした

私は、そのまま、帰りました



という、苦い思い出です

しょうがなかった、っていうのは言い訳かなぁ

それからのチコを、私は知らないし

前にSちゃんと偶然会って、話をしてた時に今のチコの話を聞いて

その未来は、聞いていて、良いとは思えなくて

私がそばに居たら、って思ってしまったのです

生涯連れ添える友達になれたのかな

でもよくよく考えると、小中一緒に居ただけで、趣味は合わなかったしなぁ

チコはB'zが好きで、私はBUMPとかJanneが好きで

チコはガンダムSEEDやテニプリが好きで、私はあんまり好きでなくて

だから、いつか来る別れを、私が早めただけなのかしら

小中って、趣味が合わなくても連れ添えるから、不思議な空間だったなぁ
スポンサーサイト

Comment

No title
編集
一体どんな人に出会ってプログラマー目指し始めたんだYO!

え、JOJO!?
ミス、SYOJOやったんや(棒w
そのうちの一人もなんか面白そうだ、聞かせろ下さい。

いつも思うんだが、よくそんなに昔のこと覚えてんなw
2015年04月06日(Mon) 13:59
No title
編集
PGになろうとしたきっかけは41話の●私が選んだ道の話、に書いてるZE!

その棒読みやめーや!ww
あとそのうちの一人は、軽々しく言えるような内容ではねーよ!w

特別印象的だったからなぁ、チコのことはほかにもいろんな話があるね、うん
2015年04月06日(Mon) 17:49
No title
編集
なんだこのほろ苦い青春物語
2015年04月29日(Wed) 00:47
No title
編集
読み返して誤字見つけつつも、ほろ苦いと思ったわホント
2015年05月19日(Tue) 16:05












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。